読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gaopiko's 雑記

なんか書くべ。

東芝SSDN-ST64BをSATA→IDEした場合のベンチマーク

先週ここにも書いた通り、マザボ搭載のSATAのコントローラー(nForce 410)とSSDが相性悪かったのでクロシコSATAIDE変換を利用してATA133接続でSSDN-ST64Bを使っています。
高速SSD環境でのベンチとかレアケースだと思うのでアップしておきます。
  

                                                                                                                                            • -

CrystalDiskMark 3.0 (C) 2007-2010 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/

                                                                                                                                            • -

MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

Sequential Read : 93.182 MB/s
Sequential Write : 92.532 MB/s
Random Read 512KB : 91.106 MB/s
Random Write 512KB : 79.177 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 14.880 MB/s [ 3632.7 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 5.967 MB/s [ 1456.7 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 12.752 MB/s [ 3113.2 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 5.469 MB/s [ 1335.3 IOPS]

Test : 1000 MB [C: 17.6% (10.5/59.6 GB)] (x5)
Date : 2010/04/24 13:08:51
OS : Windows XP Professional SP3 [5.1 Build 2600] (x86)
  
  
結論、PCI Expressが空いてる人はATAに変換するよりもSATAボードの方がオススメです。

      • -

玄人志向 インターフェースボード Serial ATA → ATA 変換基板 SATAD-IDE

B000FHVJFS
玄人志向
売り上げランキング : 3039
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools